初期海軍艦載機関砲シリーズ 2019年予定

初期海軍の 掌砲 一伊諾曲砲(4連ノルデンフォルト砲) ホチキス37粍回転機関砲 公文書より図面入手 正確な実態がつかめましたので 随時予定に入れます

帝国陸軍22年式村田連発銃大型1/3 最終点検

1/3にスケールアップ 日本陸軍唯一のチューブ弾倉8連発 手動重力式ですが チューブ弾倉装填排莢槓桿 引き金可動 再現         銃剣鞘は真鍮一体物   今回木部はホンジュラスマホガニーを使用  

13.2粍艦載連装機銃可動モデル

難しい連装機銃です 足ふみ式の激発リンクは資料不足により外部のみ可動 銃単体の槓桿は引けるよう製作 艦載機銃シリーズ第二弾

単装艦載機銃可動説明1/8

槓桿 引き金も小さいながら引けます 1/3モデルの予約を頂いております

93式13.2粍艦載単装機銃⅛

1/8サイズ 単装式銃本体 槓桿 引き金激発等内部構造組込み完了 艦載式が目標てすが 銃を台座に固定するハンドル構造も現物写真にて 判明 照準器位置も国外の現物より判断 修正

艦載連装機銃完成

艦載機銃13粍連装 完全可動台架 真鍮1/8 足ふみ式激発装置のリンク機構資料はに入手できず 外部作動部だけ再現 銃単体の引き金は可動

28糎砲可動説明

28糎榴弾砲

縮尺: 1/20 重量: 9.5キロ 特徴: 実物の動きを各部再現した 究極の真鍮工芸品 1/20

SIG1920 べ式 機関短銃

縮尺: 1/3 特徴: 海軍陸戦隊使用のべ式機関短銃 弾倉内空洞化成功により 装填排莢可能 スプリングの関係で弾数は少ないです  

三十五年式海軍銃

縮尺: 1/3 全長: 425mm 特徴: 帝國陸海軍 唯一の海軍陸戦隊用に開発された 海軍銃 ベースは30年式 独特の撃鉄 シュミット式縮尺採用とラクダのこぶのような上皮が特徴 木皮はマホガニーを今回使用  

シュミット式縮尺

帝國陸海軍携行兵器

縮尺: 1/4 特徴: 擲弾筒は1/6それ以外は1/4で 携行兵器を再現 自動はスライダー その他は折れ込みのみ可動

30年式歩兵銃

縮尺: 1/3 全長: 425粍 重量: 204g 特徴: 帝國陸軍歩兵銃を再現 装填排莢は単発ですが 作動はスムーズです 展示時は保弾子装着可

100式装填説明

ルフォーショー1854

縮尺: 1/3 全長: 90 特徴: 日本にも幕末数多く輸入されたピンファイャーリボルバーを1/3で再現 合法性重視の為 撃鉄等作動させず カートの脱着のみ強調してみました